教えて 創業の先輩

ソノフェリーチェ / 安田照美 さん / 平成27年10月創業 / 三原市糸崎在住

足のお悩み解決のお手伝いを目指して。
オーダーメイドインソールを通じて「足から幸せ」を提供したい。
ソノフェリーチェ

「ソノフェリーチェ」の事業内容は?

オーダーメイドインソール(靴の中敷き)の制作販売です。まず膝痛やO脚、腰痛など足に関する悩みをお聞きし、足の形や足裏の状態、立ち姿勢、歩き方、生活習慣などから判断した上で、上体と下半身のバランスがよく足裏のアーチが最もきれいになる状態で型を取り、手作業で制作するインソールで、より快適な「歩く」を提供します。

ソノフェリーチェ

起業した動機は?

自分の家族の不自由な足を治したいと思ったのが最初のきっかけ。インソールを勉強して専門資格を取り、家族の足もこのインソールでかなり回復しました。その後、どの世代にも足に悩みを抱える人が多いと知り、週末訪問やイベントに出店をスタート。その中で「お店を構え、さらに多くの方の足の悩みに役立てたら。」との気持ちが強まり、数年の訪問・イベント出店の時期を経て2016年2月にオープンすることができました。

起業するための準備は?

開業まで6年かかりましたが、その期間の経験が大きいですね。商工会議所に相談したり、みはら創業応援隊の創業講座を受けたり、ひろしま産業振興機構のチーム支援にもお世話になりました。事業計画の立て方や、創業に必要な手続き、宣伝のためのホームページの充実など、いずれも専門家の方にご指導いただけたことに感謝しています。イベントに出店していた時の人脈を通じ、店舗を探す際の不動産業者や内装業者の方も協力してくださいました。

ソノフェリーチェ

起業して良かったことは?

「足の痛みがなかなか解決しない」と来店された方が「かなり良くなった」と喜んでくださるのが嬉しいですね。当店で足の悩みが良くなったので帰りに尾道散策を…という方も増えました。歩くのが辛かった人が少し楽に歩けるようになる、好きな場所にも行けるようになる。「足から幸せに」なってもらうことで「歩くのが楽しい」と感じられることに貢献できていると実感しています。メディアからの取材も多く、ありがたいことに、今はご注文から納品まで少し待って頂く、という状況です。

ソノフェリーチェ

起業を目指している人へ、メッセージを。

自分の経験から、しっかりとした計画と準備期間の必要性を感じています。一人で悩んでいてもなかなか結論は出ません。行政でも商工会議所でも、創業に関する相談窓口は色々あります。まずは、その道のプロの方に相談することをお勧めします。


 ≫ インタビュー一覧に戻る 

Sono Felice ソノフェリーチェ

住所:広島県尾道市久保1-2-2 2F
電話:0848-36-6370
営業時間:13時~18時
定休日:不定休
ホームページ:http://ameblo.jp/sonofe