教えて 創業の先輩

手芸室ひかるみちる / 竹本恵子さん / 平成28年2月創業 / 尾道市在住

瀬戸内海望む抜群のロケーションで、
手芸好きが集まる「手芸サロン」を開業。
ご近所の方々とも新たなコミュニティづくりを。

「手芸室ひかるみちる」の事業内容は?

空き家を活かして生地や糸、ミシンなどを揃え、手ぶらで来て頂いても500円のワンコインで1日過ごしてもらえる手芸サロンを運営しています。自然に囲まれ瀬戸内海を望むロケーションで、幅広い世代の手芸仲間とゆっくりとした時間を共有し、明日からまた頑張れる―そんな空間を作れたら。今後は、着物地をリメイクした独自ブランドの和小物や、ハンドメイド作家の作品を委託販売するネット通販事業も計画中です。

手芸室ひかるみちる

起業した動機は?

「シェア」という本をヒントに、自然と集まってくる生地や糸など材料、道具を含めて「手芸」の楽しみを共有し、手芸好きの輪を広げたい、と思ったから。女性はそもそも「つくる」ことが好き。手芸を通じて女性を元気にし、家族、地域も元気に…と夢を描いています。

手芸室ひかるみちる

起業するための準備は?

以前住んでいた群馬県で、週末に親子で集まれる手芸グループを主宰し、サロン運営のノウハウを得たり、オリジナルグッズの販売を通じて販路開拓を学んだりしました。移住してきた尾道に拠点のある移住者ネットワークや、手芸サロン近くの住職さん、開業されたばかりのご近所の飲食店さんのお力を借りて、木原町の空き家の持ち主や協力者、見込み客ともつなげてもらい、平成28年2月に創業することができました。

手芸室ひかるみちる

起業して良かったことは?

「私」という人間を知って頂くことを通じて、同じ価値観を持つ皆さんと共感の輪とコミュニティが広がる、と実感していることですね。もうひとつは、手芸をしにサロンに来たお客様が「自宅じゃないと、こんなにはかどるんだ」と感動してくださること(笑)。和気あいあいの中でも非日常空間ならではの集中力が発揮され、ものづくりの楽しさに改めて目覚めていただけているようです。

手芸室ひかるみちる

起業を目指している人へ、メッセージを。

まず、やりたいことリストを書き出してみては。私もそうでしたが、実現性がぐっと高まります。やってみて続かないなら、それは本当にやりたいことではなかった、ということ。恐れることなく、まずチャレンジしてみることが大切ですね。


 ≫ インタビュー一覧に戻る 

手芸室ひかるみちる

住所:広島県三原市木原2-5-25

営業日時は以下のブログで確認してください。 hikarumichiru.blog95.fc2.com

Facebook
www.facebook.com/hikaru.michiru.tsuki